読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16:00

本を読んだり旅行したり映画を見たりカフェに行く毎日

オックスフォードのカフェを巡る

カフェばかりあるオックスフォードにようこそ。

イギリスのカフェはおしゃべりしたり勉強したりPCをしたり、とにかく長居に向いてる。どこにでもコンセントとWiFiがあるしね。

学校が毎日PM3:00すぎには終わるのでほぼ毎日学校のあと友達とだったり一人でだったりでカフェにいきますた。カフェ大好きマンがカフェばかりあるオックスフォードでカフェばかり行った記録。

 

Pret A Manger

イギリスのどこにでもあるカフェ。安いし、サンドイッチが美味しい。

学校のすごく近くにあるので、授業の合間に最適。しょっちゅうテイクアウェイしてましたが、カフェ自体は0階にも1階にも(日本の1階がイギリスの0階)席はいっぱいあるし、ほぼ全席コンセントに届くので便利。1階の奥のほうは勉強にいいかもね。

f:id:cayk:20170127071156j:image

AMT

テイクアウェイ専用のカフェ。と勝手に思い込んでたけど普通にテーブルがいっぱいあった。完全に外なので雨とか降られると座れないけど、安いのでいいかな。

Art Cafe

その名の通りArtが色々飾ってある。雰囲気も好きだし、British Traditional Breakfastが美味しいのでオススメ。Breakfastといってもいつでも食べれるし、なかなかな量が出てくるので、気軽に頼むと食べきれないぞ!FreeWiFiも強いのでいつもここでLINE電話してました。0階は席はないけど、1階と2階にいっぱい席があるので、混んでることはあっても座れなかったことはないかな。

ちなみに、友達は「食べ物の匂いがするからちょっとダメ」といってました。ぐぬぬ、、

でもポイントカードがあって、10回いくと1回無料でコーヒーが飲めるよ!

f:id:cayk:20170127071316j:image

The Missing Bean 

すごくすごくケーキが美味しい。いろんなカフェでいろいろスイーツ食べたけど、ここが一番美味しかったかもしれない。アメリカンコーヒーも美味しかったし。

探しづらいところにあるしお店は小さいけど、平日の夕方は激混みしてた。おおきい大学と大学の間にあるのでそこの学生狙いらしく、大学生っぽい人で溢れかえってました。

窓に面してるカウンターみたいな席が、ちょっと座ってみたかったな。

f:id:cayk:20170127071353j:image

COSTA

イギリス中驚くほどどこにでもあるけど、オックスフォードのコスタは広いので好き。そんなに混んでもいないし。お味も値段も普通だけど、唯一、カプチーノのココアパウダーの掛け方がすき。

f:id:cayk:20170127071508j:image

News Cafe

最終日にしてはじめて気づいたのでいってみたんだけど、カプチーノがおいしかった〜〜!!!PM5:00までの営業というなんともOXFらしい営業時間だけど、大変満足でした。5:00にはおうちに帰りましょう。

f:id:cayk:20170127071558j:image

PAUL

言わずと知れたPAUL。ホットチョコレートを勧められたから飲んでみたけど、涙がでるほど甘かった。友達が食べていたスイーツも、涙が出るほど甘かった。さすがフランスベーカリー。

STARBUCKS

言わずと知れたSTARBUCKS。0階も1階も広々してるけど、週末ともなれば激混みなので気をつけて。外国あるあるの「スタバで名前を聞かれる」ってやつだけど、店員さんの気分次第。

Combibos Coffee

Gloucester Green(コーチ停留所)の近くにあるカフェ。コーチでお出かけ前に時間を潰せるいい場所にある。チェーンじゃないらしい。WiFi使用の際は店員さんにパスワードを聞くこと。立地がいいのでそこそこガヤガヤしてるけど、店員さんが気さくだしコーヒーは美味しいよ。

f:id:cayk:20170127072056j:image

 The Grand Cafe

スコーンが美味しい〜!アフタヌーンティーできるお店。ちょっとお高めなので普段に行ったりはしないけど、ちょっと小腹が空いた時とかに友達といって、Cream Tea(スコーンとティーのセットみたいなやつ)を頼んでシェアするのが楽しかった。

お店自体は小さいけど、奥側が一面鏡なのですごい広く見える、不思議な作り。オックスフォード最古のカフェだとか?とにかく内装も外装もおしゃれで優雅なので、行くだけでちょっと楽しい。

f:id:cayk:20170127071704j:image

Nero Cafe

結局ここに行き着くか…スーパーチェーン店、ネロカフェ。でも私ここのアメリカンが結構すき。ものすごいポイントも貯まるし。オックスフォードだけでも何店舗かあるよ。

 

オックスフォードじゃなかったけど美味しかったアフタヌーンティ屋さん

 Tiny Tim's Tearoom

スコーンが!とにかく!美味しいの!!!!!

Cream Teaではクロテッドクリームとジャムをスコーンにつけて食べるのが普通なんだけど、クロテッドクリームもスコーンもジャムも、全部すごく美味しくて感激した!!!Cream Teaに関して舌が肥えた友達も、これは美味しいと言ってたので間違いないでしょう。おすすめ。

f:id:cayk:20170127071855j:image

 

とまぁ、色々言ってみたけど、もっともっとまだまだカフェがいっぱいあるから、ぜひ探して行って、そして教えて!お気に入ったカフェに入り浸るの、たのしいです。

 

ロンドンの片隅で本初子午線を踏む

踏んだ写真はないけど

f:id:cayk:20170120013144j:image

本初子午線というものを覚えている方がいるでしょうか...そう、小学生の頃、確かに習った...日付変更線と、本初子午線...そう、本初子午線!!

地球を西と東に分ける線、経度0度の線でございます!それを踏みに、いってきましたグリニッジ天文台

 

グリニッジには色々行き方があるみたいだけど、わたしはウェストミンスターからクルーザーに乗ってテムズ川を南下〜〜!

グリニッジで降りたところには、目を惹く船が置いてあります。

f:id:cayk:20170120013740j:image

いい天気〜〜!

 

でも直前まで大雨が降ってたので、クルージング中はなかなかの寒さで、ここで風邪をひいたんだと思います。かなしい思い出。鼻水止まらなくなったよ。

あと行きはクルージング中いろいろ説明のアナウンスが入るんだけど、結構煩くて困りました。寝たかったからね。

ちなみにオイスターカード使ったからウェストミンスターからグリニッジまで往復で£11だったかな?オイスターカードのチャージが全然足りてなかったけど、その値段をキャッシュで払わせてくれたよw

それでクルーザーにゆられること40分くらい。ロンドンの中心からは遠いね〜。しかもシーズンオフ(冬)には40分とか50分に1本しか出てないみたいなのでお気をつけあれ。

 

駅から15分くらい歩いてグリニッジ公園まで行き、なかなか急な坂を登ります。

f:id:cayk:20170123084851j:image

いい景色だね!

 

丘を登りきるとまず目に入るのがこれ。

f:id:cayk:20170120043241j:image

グリニッジ標準時(GMT)を示す24時間式時計。

で、入場料払って中で確認できるのがこの本初子午線。(天文台ミュージアムにも入れるよ)

f:id:cayk:20170123085119j:image

テンションあがります!!

みーーーんな跨いで撮ってたし、わたしももちろん撮りました笑

世界の境目は今日もがやがやしてることでしょう。

 

前回ロンドン来たときにグリニッジ行きたかったんだけど叶わなかったので、今回行けてよかったな〜〜。

すごくすごく寒かったけど!

 

観光地としてはオススメです。

あ!あと、グリニッジ公園の近くでマーケットもやってたよ。あったかい飲み物もいっぱい売ってるし、時間があればもうちょっとゆっくり見たかったな〜。

 

( ˘ω˘ )んじゃまた

おやすみ前

雨上がりの夕方が好き

f:id:cayk:20170109042657j:image

こういうものを見た時、またここに来て良かったと思う

f:id:cayk:20170109042715j:image

私はこの人生に飽きたら、次はどうすればいいんだろう

f:id:cayk:20170109042740j:image

それとも本当にロンドンには飽きないんだろうか。だったらそれもいいな。

 

広告を非表示にする

パリに行こう

パリに行ってきました。花の都パリ。

フランス革命の舞台ですよ!こんばんは、私です。

 

学校のクリスマスホリデーを利用して、6泊してきました。パリ。

なかなかな長さだったと思うね。私も。さすがにすることがなかった。冬だし。

でもまったりしたパリも悪くなかった。というわけでパリの話。

たぶんとっても長いです。

 

■1日目

オックスフォード→ロンドン(バスで1h半)

ロンドンヴィクトリアステーション→セントパンクラス駅(地下鉄で10分)

セントパンクラス→パリ北駅(ユーロスターで2hくらい)

長い。遠い。道のりが長い。

そしてなによりもパリ北駅の治安の悪さが気になる。

どんなサイトを見ても「北駅の周りは結構治安が悪いです!女の一人旅なら避けた方が◎。特に暗くなってからは行かないようにしましょう!」って書いてある。

いやでもどう頑張ってもユーロスターは北駅に着くし、しかも着くのは18:30。真っ暗じゃない?

そんな中で希望の光の意見。「パリ行き慣れてますよ?みたいな顔してれば大丈夫です」

 

これだーーーーーーーーー!

 

というわけで18:30、北駅に一人。

内心めちゃめちゃ緊張していた。だって北駅に着いた途端から英語の表記がない。「←METRO」の方に行けばいいような気がするけど、そうでない気もする。でもパリ行き慣れてますよ?みたいな顔をする。どんな顔なのかよく分からない。とにかく迷わないことが大事。ポケットに€5を握りしめて、チケット売り場へ足早に。

チケットを買って、無事メトロに乗る。どんなもんや、メトロ!治安の悪さってなんやねん!って思いながら乗ったけど、別に悪くなかった。この日はね!普通に乗って、普通に降りて、普通にホテルについた。

やったね。この日は安心してホテルで寝た。ホテルのひとは英語を喋ってくれて安心した。でも最後だけは「Merci.」って。かっこいいね。

 

■2日目

ここで気づく。

なにも計画してない。

とりあえずホテルから出て、有名どころのほうに歩いてみることにした。

ルーブル美術館エッフェル塔…ていうかこの書き方だと長くない?

 

↓ということで

 

行ってよかったパリのここ!

 

第3位▶︎▶︎モンサンミッシェル

修道院から見下ろす海が、すごく綺麗でした。静かで。

 f:id:cayk:20170103051223j:image

すごく綺麗じゃない?

あとこの帰りの道すがら取った写真も、なんかめちゃ綺麗じゃないですか?!

映り込むカップルも綺麗。

f:id:cayk:20170103051246j:image 

ただ、日本人がめちゃめちゃ多いのと(ほとんどのレストランが日本語のメニューがあるくらいだし、日本語があちこちから聞こえる)、パリから結構遠い(バスで4〜5時間くらい)のさえOKであれば、一度は行ってもいいかな〜と思います。

修道院の中は、まぁ修道院ってこんな感じだよな〜っていう感じでした。特に写真も取らず。

中がどうとかっていうより、やっぱ外から見たモンサンミッシェルが綺麗ですね。

バスから海に浮かぶ光景が目に入った時は、お〜〜〜〜ってなるよ。

f:id:cayk:20170103051324j:image

 

 

第2位▶︎▶︎バスティーユ牢獄跡地→コンコルド広場

フランス革命に想いを馳せまくるのコース。

両方とも塔(ていうか記念碑?)があるだけで、特に周りには何もないです。

 バスティーユに関してはほんとにもう…何もないし、道路で囲まれて入るので記念碑に近づくこともできません。

こんな感じ

 f:id:cayk:20170103051428j:image

周りが囲まれてるのは…なんなのかな…わからない…

でも、ここにあのバスティーユ牢獄があって、フランス革命が始まったのかと思うと、ちょっと心が騒いだね。この記念碑の周りをゆっくり回って歩きながら、かつて自由を求めたあの革命に想いを馳せてました。ら、すごい冷えたので近くのカフェで休んでからコンコルド広場へ。

ていうか、パリ、ほんと物価が高いよ…

 

で、コンコルド広場。

 f:id:cayk:20170103051518j:image

フランス革命の場所(というか斬首の場所)です。革命広場なんて呼ばれてるね。チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りの間にあって、私が行った時はチュイルリー側から行ったので観覧車の下をくぐり抜けて行きました。

 

コンコルド広場の周りは道路で囲まれていて座れるところもないので、わりとすすっと見て終わり。でも少し上を見上げて、あーここでマリアントワネットも、ルイ16世も、ロベスピエールも、ダントンも最後の景色を見たんだな、ルイ16世にいたっては1月が処刑だった気がする、こんな寒い中、このフランスで、自由の名の下に死んで行った人々よ。

今世界は自由だよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のライオン [ 佐藤賢一 ]
価格:518円(税込、送料無料) (2017/1/2時点)


 

おすすめなので貼っておきます。めちゃ長いけど。

 

 

第1位▶︎▶︎オルセー美術館

twitterとか見てる人からすればもうわかったよって話だと思いますが、オルセー美術館、すごくよかったです。

 f:id:cayk:20170103051549j:image

とっても素敵!

入った先には!写実主義!アカデミズム!

でもなんと言っても印象派です。

グランドフロアは置いておいて、とりあえず5thフロアに向かいます。と、さっきの写真の場所があるわけです。

オルセー美術館はもともと駅なんだってね。なんの基礎知識もないまま行っちゃった)

時計の向こうに広がるパリと、吸い込まれるような人たち。今回のパリ旅行、一番すきな写真です。

で、感動したのはドガの銅像「14歳の踊り子」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジヴェルニーの食卓 [ 原田マハ ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/1/2時点)


 

これを読んでたからっていうのもあるんですけどね。

印象派が多く貯蔵されていることは知ってたけど、具体的にどの作品がここにあるのか知らないまま行ったので、ここにあったのか…と妙に感動しました。

作中では「奇妙」「変態的」と言われてまったく売れもしなかったドガのこの銅像、実際に見ると、なんとも生々しくて、これは…と思うような作品です。

この本の中で語り手をしているメアリー・カサットが、「少女を自分のものにしようとしているようで気味が悪い」みたいなこと言ってますが(ちょっと今本が手元にない。イギリスに持って来たような気がするんだけどな)、それもわかる、、なんかこう、ちょっと狂気みたいなのを感じるんですよね。いきすぎた情熱みたいな。

 

オルセー美術館ルーブルとは比較にならないほど小さいですが、いいサイズで、のんびり3時間くらいかけて見れました。あとね、駅だったからだと思うんだけど、かまぼこ型の屋根がかわいい!

f:id:cayk:20170103051651j:image

教科書とかに載ってる作品も多いので、日本人、すごく楽しめると思います!できれば事前知識を増やしてから行こうね!

 

 

▶︎▶︎他の行った有名どころも一口メモ

エッフェル塔

最初に見た時はやっぱり感動した。シャンパンフラッシュも見れました。 

f:id:cayk:20170103051745j:image

そしてはじめてのパノラマ機能

 

シャンゼリゼ〜凱旋門

長い。ラデュレは美味しいけど、美味しいけど!美味しいって知ってるから、うん、美味しいな!ってなった。

シャンゼリゼは、クリスマスマーケットもしてた。かわいい。

f:id:cayk:20170103051834j:image

 

ルーブル美術館

とにかく広い。15回くらい迷った。モナリザ前の異様な空気感。ニケとハンムラビ法典民衆を導く自由の女神に感動。

f:id:cayk:20170103051858j:image

 

ノートルダム大聖堂

っていうかシテ島にあるんだ!外見も中もとても綺麗。近くのカフェのカプチーノが美味しい。(高い。€6くらい)

f:id:cayk:20170103051930j:image

 

◎モンマルトルの丘

とってもパリが良く見える。でも超階段。超階段!!

f:id:cayk:20170103052002j:image

 いじょう。

 

 

 

▶︎▶︎6日間もいたのに諦めたのでいつか行きたい場所

◎ジヴェルニー

もう一回貼っとく?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジヴェルニーの食卓 [ 原田マハ ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/1/2時点)


 

ジヴェルニーの庭はね、晩年にモネが過ごしたところなんだけど、本当に行きたかったけど、なにせ開いてない(11月上旬〜3月下旬までは冬季休業)ので諦めました。

※この本はほんとに結構すきなので、いつか読書感想文かけたらいいな

 

ヴェルサイユ

なぜ行かなかったのか謎。

 

 

さらばパリ。また夏にくるよ。

 

あ、あと街のメモ。

◎空気がなかなかの汚さ

交通量がすごくて、空気がかなり汚い。1日目にして乾燥と汚れにやられて喉が死にました。でも近くの薬局でとても効くのどあめがあったので、どうにか治った。ありがとうのど飴。

◎なかなかの観光客向けスリ

Do you speak English?集団がほんとに囲んでくるので怖かったです。まぁ、あれだけどね。パリ行き慣れてますよ?みたいな顔してたから余裕だったけどね。

地下鉄の治安も結構悪くて(早朝に乗ったりしたんだけど、なかなかの怖さでした)、しといてなんだけど女1人旅はちょっとおすすめできないかもです。みんな、誰かと行こうな!

 

以上!とっても長いクリスマスホリデー、最初の1週間でした。

広告を非表示にする

2016→2017

2016年も終わりだーーー!!!!

 

ということでロンドンのNEW YEAR'S EVE FIREWORKS! 行ってきました。イェーイ!

 

f:id:cayk:20170103032650j:image

爆発だわ〜〜!

f:id:cayk:20170103033253j:image

ドド〜ン!!!!

f:id:cayk:20170103032735j:image

芸術は爆発か?

 

とにかく花火の量がすごい!

ちなみに最前列で見てました。(写真の、前にいるひとはメディア関係の人しか入れないところにいた人)花火を見るために、ものすごい寒空の下、立ったまま4時間半。

ロンドン花火はもうチケットないと入れないことになってるので予約しといたんだけど、そのチケットを受け取るために1時間の列。そのあとゲートに入るために1時間、+4時間半。

 

足がっ、、、、、

 

足がっていうかもう全身が冷えと疲れでとんでもないことになってたけど、そこは世界一の街と豪語するロンドン、花火は超派手&迫力満点でした。

向かいのビルに映し出される60秒前からのカウントダウン、5、4、3、2、、、あたりの高揚感、すし詰めで花火を待つ興奮気味のひとたち、そして呆気にとられる花火の迫力。

20分間、止むことなく大量の花火が打ちあがって、ただただすごくて20分間は疲れを忘れました。

これが誰もが羨むロンドン。

(そう謳ってるのはロンドンです)

すっっっごいつかれたけど、来てよかったな〜と思いました。

 

ちなみにそこはイギリス、終わった後の道の汚さよ...

 

と思ったけど、次の日同じ道を歩いてみると、意外と綺麗になってる!

綺麗にする早さはすごいものだなと感心しました。

 

次の日にはNEW YEARS PARADEも見たよ。

(というか遭遇した)

f:id:cayk:20170103033558j:image

遠っ、、、

f:id:cayk:20170103033624j:image 

パレードはビッグベンのすぐ近く。

 

このあと大雨に降られて、さっさとオックスフォードに帰還しました。。

 

2016年は色々あったけど、2017年もいろいろあるといいな!

HAPPY NEW YEAR!

広告を非表示にする

思ってたよりも

わざわざ来たのにがっかりすることってなんだろうか。

誇大広告の映画、アミューズメントパーク、ネットで事前にチェックしていた洋服、食事、まぁもろもろあるけれども、かかる時間とお金を加味して、妙にがっかりされるのが旅行先の名所というものである。

 

まったく話は違うけど、海外というものに異常な期待をしていたころがある。たぶん高校生くらいの時。

たいした財力もなく、親が海外に興味があるわけでもなく、でもなぜか我が家は、兄と私だけ海外というものが妙に好きだった。兄はアジアに、私はヨーロッパに、妙に執着していた。

大学生のときに、親に頼み込んでアメリカへの1ヶ月の留学切符を手に入れた。大学の英語授業の一環で、5〜60万くらい払えば、ホームスティで1ヶ月間、さらに学校に通い、ついでに2単位くれるというもの。この「2単位」というのに食いついて、金持ちの親がホイホイと出してくれた人がほとんどだったけど、中には本当に海外に興味を持っている人もいた。私もそういう人間だった。

初めての海外にして、1ヶ月のホームスティ。2月の寒空の下、カリフォルニアで生活した。

毎日が楽しかった。おもしろかった。新しいものに出会うのはやっぱり楽しいんだと思った。買い物すればもらうただのレシートさえも、面白いものに思えた。サンフランシスコやMBAの観戦は、授業の一環で行った。高いお金を払っただけあって、我々はちゃんと管理されたなかで、遊び、楽しみ、勉強した。

でも私はイギリスに行きたかった。

なぜかというと、ストーンヘンジが見たかったのだ。

ストーンヘンジ

イギリスに興味を持ったきっかけは、まぎれもなくハリーポッターだった。小学校5年生の時に読んだ夢物語に、私は取り憑かれていた。小学生の総合の時間に、好きな国について調べて発表するという時間があって、そのときに調べたのがイギリス、そして見つけたのがストーンヘンジ。これにも心を奪われていた。ちなみに総合の時間って今もあるんだろうか。

 

ストーンヘンジの魅力というものは、今でも説明できない。興味のないひとに言わせてみれば、ただの並んだ石でしかない。真意が解明されていないのだから、ますますそれは、ただの石でしかない。でも、それが見たかった。4000年以上の歴史を。そのころから、妙に古代史がすきだった。ストーンヘンジ。見たい。この目で。

 

そして大学4年生のとき、やっと来た。イギリスに。3ヶ月。最初の土日に、早速行った。ソールズベリーのその先にあるストーンヘンジまで。

f:id:cayk:20161218064439j:plain

やっとここまで。

 

今でも思い出せる感動。雄大さに涙が出そう。やっぱり歴史が好きだと、こんなに心が動かされるものはこれしかなかったんだと再認識した。過度な期待を、現実が超える瞬間を今でも覚えている。かつて言われた「ただの石じゃない?」なんて言葉は、忘れていた。

 

話を戻すけど、過度な期待は時に、よくない作用を起こす。

ああこんなもんか、と、人はどうしてがっかりするんだろう。

思えば、期待して、期待通りのものが返ってくることは、少ないのかもしれない。

もっと綺麗、かわいい、心を打ってくれる、意外性がある、そう願っている。あわよくば人生を変えてくれるのではないかと。

どこかに行くこと、誰かに会うこと、何かを見ることで、自分を変えてくれると。対価を払っていればなおさら、人は願っている。なにか驚くほど素晴らしい進化や変化や衝撃を。

でも、なかなかない。変化とはゆるやかであると、衝撃とは静かであると、もうとっくに誰もが知って居る。それだけいろんなひとや出来事に、もう出会って来たのだ。期待してがっかりしても、それも一つの経験として持っておくしかない。

 

それでも日常は退屈だ。まだ、ずっと同じ場所にはいられない。息を飲むほど綺麗なものをまた見たい。あのときみたいに。だからまた一人になった。ひとりでしか見れないものをまだ見きれていない気がしたから。ちゃんと足を止めて安息の中にいくのは、もう少ししてからにしようと思う。それにはそれで、期待してる。

広告を非表示にする

ブレナム宮殿に行こう

 

天気もいいし、暇だし。

ということでオックスフォードのグロスターグリーン駅でS3バスに乗っかって20分前後、

バスの運転手さんが「ブレナム宮殿はここだよー!」って叫んでくれたのとともに降りて、

 

門っ!

f:id:cayk:20161212065151j:image

 

から、すごい遠い!

f:id:cayk:20161212065214j:image

 

下手したら10分くらい歩いたんじゃないだろうか。。。

寒空の下、韓国人の友達に日本語を伝えながら歩くと途中にチケット売り場があって、そこでチケットを買う...そこそこ高い(23ポンドくらい)けど、宮殿もガーデンも見たいし、12ヶ月有効らしいのでまぁ、いいか、うん...

 

そして!

f:id:cayk:20161212065320j:image

 

こんな!

f:id:cayk:20161212065349j:image

 

かんじ!

f:id:cayk:20161212065430j:image

 

いい天気〜〜!!!!!

ほぼ一瞬だけどとてもいい天気でした。

それはいいとして写真が壊滅的に下手なのはなんでなの??

あと、事前に調べたかんじだと宮殿内は撮影禁止って書いてあったけど、スタッフのひとに聞いたら「いいよ〜、フラッシュはやめてね〜」ってな感じだったので色々撮りました。

(でもデジカメで撮ったから写真がいまは読み込めないんだ...)

 

ちなみに、フォーマルガーデンっていうなんか遊び場みたいなガーデンが敷地内にあるんだが、そこまで行くのにこんなかわいいトレインに乗ることもできる、みたい。

 

f:id:cayk:20161212065457j:image

 

ちょっと時間が合わなくて乗れなかったんだけど、乗ってみたかったな。

我々は歩いて向かいました。宮殿から徒歩15分くらいかな

f:id:cayk:20161212065523j:image

道沿い。写ってないけど羊とかいた。

しかしいい天気だね...

 

フォーマルガーデンには、迷路があるよ。

f:id:cayk:20161212064404j:image

写真だと分かりにくいけど身長165cmあっても入り込んじゃうと全然先は見えないし、超絶迷う(所要時間は20分くらいって書いてあったけどほんとかな)ので、途中で諦めて入り口に戻りました。(それも大変だった)

 

ブレナム宮殿、とにかく広い敷地なので、歩くだけで結構ないい運動〜。それなりに疲れたのでカフェで休んだ後、アフタヌーンティーしにctiycentre に帰りました。

f:id:cayk:20161212065547j:image

ボソボソスコーンおいしいです。

私はティー飲めないのでカプチーノ

 

いやーしかし疲れた!!!!楽しかったけど。

 

ちなみに、イギリスはどこもかしこもクリスマスムード満載。

f:id:cayk:20161212065638j:image

ブレナム宮殿内部もこんな感じ。

やはりヨーロッパはクリスマスだね。

 

さて明日からまた学校〜

寝ますんおやすみ。